仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

企業の自浄作用

最近、CSR(企業の社会的責任)やSRI(社会的責任投資)といった文字が新聞を飾っております。勤務先においても、こうした動きに歩調を合わせるべく、いろいろな活動を行っております。例えば、社外向けHPにCSRに関する取り組みを掲載したり、社内教育を充実したり、相談窓口を設置したり等々を行っています。ところが、こうした活動をいくら進めても各種トラブルは減らない、むしろ増えているように感じます。これまでは「臭いものにふたを」という発想でしたから、企業としては自浄作用が働いているように思います。各種トラブルに継続的に取り組むのも重要ですが、賞罰をはっきりさせることも同じように重要と感じます。ただし、トラブルを起こしたときだけ就業規則による罰則の適用だけでよいでしょうか。得てして人事考課の中に企業倫理の項目があってもお飾り程度ではないでしょうか。

企業倫理は何も法務部門だけの問題ではなく人事も含めたさまざまな部門が有機的に連携の上取り組むべき問題と思います。
[PR]
# by prorata | 2004-04-17 00:09 | 企業倫理

法務担当者である前に・・・

先日、社内のある方のお通夜に出席しました。
その2日前の午後2時近くに交通事故によりお亡くなりになりました。その2時間前まで会社の顧問弁護士事務所で現在行っている裁判の関係で一緒に打ち合わせをしていました。

ご本人がお亡くなりになったのを聞いて本人に別れを告げに行くべく上司に「お通夜に出席したい」旨申し入れをしました。これに対し上司は、社内の法務担当者向けに毎週行っている当社幹部による自主勉強会があるのでそちらへ少しでもよいから出席するようにとのことでした。正直言ってこの一言にあきれました。法務担当者である前に一人の人間としてまともに生きていきたいと思います。この上司には、何か言うとすぐキレルので何も言わないようにしています。でも、こういった上司が会社における企業倫理の相談窓口であるとしていることにおかしみを感じます。

お通夜に早めに行って焼香をすませ、食事をとることもなくそのまま会社に戻り、自主勉強会に出席しました。現在進行中の裁判が終了したら、関係者と一緒に今回お亡くなりになられた方にご報告しに行こうと思います。
[PR]
# by prorata | 2004-04-15 06:26 | 職場環境

日帰り温泉

4月11日(日)温泉巡りをしてきました。
目指すは、那須近辺。
今回は、
①那須湯本温泉の「鹿の湯」
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/sikanoyu/sikanoyu.htm
②西那須温泉の「大鷹の湯」
http://www.ootakanoyu.com/
③塩原元湯温泉「大出館」
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-baramotoyu/siobaramotoyu.htm
④新湯温泉「むじなの湯」
http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/mujinanoyu/mujinanoyu.htm
⑤芦野温泉
http://www.asinoonsen.co.jp/
の5箇所の温泉を1日で堪能しました。
①④⑤はこれまで何度も入ったこともあり、安心して入れました。この中でもお勧めは①と⑤です。①は本当に濃い硫黄系の温泉を楽しめます。⑤はアルカリが強い温泉で、肌がすべすべします。
②③は今回初めてでした。②では「セラミック砂風呂」に挑戦し、15分間で多くの汗が流れました。③では日本でおそらくここにしかないと言われている「墨の湯」に挑戦しました。本当に墨色で、お湯の中で手をこすると手が薄い墨で染まります。

さすがに今日は、湯あたりをしたせいか少々疲れていました。体中が硫黄くさかったので周りの人には不思議がられていたかもしれません。
最近日帰り温泉を楽しむ回数が減りましたがこれからも続けていこうと思います。
[PR]
# by prorata | 2004-04-12 23:37 | 旅行・グルメ・温泉

江角マキコの国民年金保険料未納問題

すでに議論が尽くされている感のある江角マキコの国民年金保険料の未納問題について、企業法務の観点から述べさせていただきます。

今回の問題として次があると思います。
①社会保険庁は、なぜ江角マキコをCMで起用する際、本人の滞納の有無を確認しなかったのか。
②なぜ江角マキコは、税理士にまかせっきりであったのか。
③なぜ税理士は、江角マキコの滞納の有無について社会保険事務所等へ確認をしなかったのか。

このうち②については本人の問題であります。一方①は当事者として最低限行わなければならないことであります。企業においても、これまで取引のない企業と取引を行う場合は、信用調査を行うのが当たり前です。そうでないと、諸事情により取引が途中で終わることがあります。社会保険庁は、役人だからこういった常識が通じないといわれても仕方がないでしょう。
なお、国民年金と厚生年金保険の違いとして厚生年金保険には「保険」があり、国民年金には「保険」がありません。これは、厚生年金保険の場合、被保険者に起こる老齢、障害、死亡に対し保険給付を行いますが、国民年金の場合、保険料を払わない人にも老齢、障害、死亡に対して給付を行うため、保険という文字がありません。

③については、専門家として当然行うべきである行政官庁(今回のケースでは社会保険事務所)への確認を行っていないことがそもそも問題であります。

企業法務の観点から、デスクワークだけでなく、現場をみて判断しないと痛い目に遭うということを実感します。「当事者がこう言ったから」なんていうことをまともに信じてはいけませんね。社内の相談でも一方の言い分だけでなく、事実関係をよく把握しないと思い込みをしがちです。
[PR]
# by prorata | 2004-04-11 01:30 | 仕事

Rマドリード対ASモナコ

サッカー好きの私にとって今週一番のニュースはヨーロッパクラブ選手権でASモナコがRマドリードに勝ち、準決勝に駒を進めたことです。

2000年2月にモナコを訪れた際、ASモナコの試合を観戦しました。ルイ2世スタジアムは15000人しか入らない小さなスタジアムでしたが熱心なファンが大勢いて、見ていて楽しい限りでした。当時ASモナコのGKには後にマンチェスターユナイテッドに移籍したフランス代表GKのバルデズがいました。

今回のRマドリードとの試合、多くの方がRマドリードの勝利を確信していたと思います。特にマドリードでの第1試合のスコア(4-2)からASモナコが勝てるとは、誰も思わなかったでしょう。ところが、モナコでの第2試合は3-1でASモナコの勝利。特に3点目のヒールでマタ抜きのプレーにはびっくりしました。

企業法務においても、米国弁護士資格を有する、TOEIC900点、等々スタープレーヤーをそろえる会社もあるかもしれませんが、Rマドリードのように慢心を起こさないと限りません。自分自身が属している法務部門は、Rマドリードのようにスター選手ばかりではなく、自分自身もベッカム、ロナウド、ラウール、ロベルト・カルロスのようにスターではありません。が、確実に仕事をこなしていければ、と思います。
[PR]
# by prorata | 2004-04-09 21:12 | スポーツ

企業法務と英語

仕事上英語を使用することが多いです。企業法務のご経験をお持ちの方でしたらお分かりでしょうが、英文契約書のチェック、作成の機会が多くなりました。

以前でしたらIBDの標準契約書集を元に作ればよかったのですが、最近では社内の依頼部門の要求が多く、どうしてもカスタマイズが増えます。また、英語の素養がないとダメですので最近では仕事とは別に英語の勉強をしています。

メールで海外企業(特に米国)と交渉を行っていますが、やはりつたない英語では限界を感じます。

地道に英語を磨かなければ、と思う今日この頃です。
[PR]
# by prorata | 2004-04-05 22:06 | 仕事

ASP契約1

最近ASP契約を見る機会が増えています。いろいろ気になる点がありますが、ASPサービスそのものの利用を日本に限定していないものが散見されます。海外の端末から日本のサーバにアクセスすれば、「輸出」に該当するので外為法の適用を受けます。そのことを分かっていない会社が意外と多いですね。

これ以外にもASP契約には論点がありそうです。今後、折を見て取り上げようと思います。
[PR]
# by prorata | 2004-04-04 00:01 | ITと法務

改正下請法

4月1日から下請法が改正になり、いわゆる情報サービス産業への適用で関係企業は大あらわの状態だと思います。特にソフトウェアについて、親企業が下請先に仕事を出す際、著作権の対価を明確に示すことなく召し上げのケースが多かったと思います。4月1日からは一方的な召し上げ出なく、事前協議の上定める合理的な対価を支払わなければならなくなり、大変なことになると思います。本当に協議するのか、どのように対価(評価基準)を決めるのか、モデル(計算式)はあるのか、考えればキリがありません。引き続きウォッチしていきます。
[PR]
# by prorata | 2004-04-03 02:32 | ITと法務

今日ウィルスにやられました

今日、会社のノートPCがウィルスにやられました。
社内の方からメールが届き、件名を見ると「Q&A」とありました。思わず「株主総会Q&Aが届いた」と思い込み(ここまでくると職業病です)、添付ファイルが圧縮されているので「データが重いのかな」と感じつつ、解凍したら、大変なことになりました。

今日の夕方は、ウィルス感染により仕事になりませんでした。同じ職場では60歳近くの役員が感染しただけ。自分のPCリテラシーのなさにあきれました。
今回のウィルスにより、PCに入っているメールアドレスも流出したとのこと。ここでも個人情報保護でした。
[PR]
# by prorata | 2004-03-30 00:40 | 仕事

個人情報3

先日、足裏マッサージを受けにRAJAへ行きました。

余談ですが、以前足裏マッサージにはまったことがあり、台湾に旅行に行ったときはあまりの安さ(40分1600円)に感動して3日連続で足裏マッサージを受けたことがあります。

店内に入って一番驚いたのが、RAJAはこれまで入手した個人情報のうち氏名、電話番号以外は削除するとのこと。「余計な個人情報は捨てる」という発想に今更ながら驚きました。確かにダイレクトメールを送るのでなければ、住所はいらないし、足裏マッサージに年齢は関係ないですね。

振り返ってみて、勤務先は個人情報だらけです。
従業員の評価を含む個人情報、株主名簿、派遣社員の情報、顧客の個人情報等々、挙げればキリがないです。

法令で保存を義務付けられているものばかりなので、しょうがないのでしょうが。
[PR]
# by prorata | 2004-03-29 00:09 | 個人情報保護

勤務先の職場環境

今日は、勤務先の職場環境についてお話します。
午後2時過ぎ、上司の業務を一部肩代わりしていて大変で
あると言ったところ、私の言い方がまずかったのか、急に怒り出し、
「ふざけんな」「俺をなめてんじゃない」「ちょっと外に出ろ」
とみんなが仕事をしている前で言われました。
「この人本当に企業法務の管理職なのだろうか」
「企業倫理が大事であると言っていながら、自分の発言は例外か」
等勤務先の職場環境について考えさせられました。

上司は、酒を飲むとたまに豹変し、自分を含めまわりにくってかかる
ことがあります。以前親しくしている別の部門のお偉いさん(50歳ぐらい)
の人と飲みながら話をしていたら、完全に酔っ払っていたその上司
(40歳)が「あの野郎と仲良くしているんじゃない」と言われたことがありました。
後でそのお偉いさんにおはなしをしたところ、「君の上司はおかしい」
と言われました。

成果主義といっていますが、成果を評価すべき人がこの体たらくでは、
いわずもがなです。まして企業倫理が大事であると言っている人が一方
で暴力団まがいの発言をしているようでは、勤務先はお先真っ暗です。

今はじっと耐え忍んでいます。いつまでもこの状態が続くとは思っていないから。
[PR]
# by prorata | 2004-03-24 01:20 | 職場環境

中国企業との契約

現在、中国企業との合弁会社設立検討のための覚書を検討しています。

以前、別の中国企業との合弁契約を検討し、実際に合弁会社を立ち上げましたが、結局撤退することとなりました。その当時のお互いの意図が互いに見えていなかったかも知れません。

今度は、事前にリスクを的確に把握するよう、フィージビリティスタディを徹底的に行うようにしたいと思います。

それにしても、これからの企業法務には英語+中国語が必須であることを痛感します。
[PR]
# by prorata | 2004-03-21 04:21 | 仕事

個人情報2

今日の読売新聞に「個人情報流出 法の限界 「持ち出し」に罰則規定なし」という記事が掲載されていました。企業法務の立場では、これは有名な話であり何を今さらと思う一方でこういった話をこのHPで載せていくことができればと思いました。

企業において成果主義が叫ばれて久しい中で、個人情報保護を企業トップの監督責任・管理責任と決め付けるのはいかがなものか、と思います。いくら集合教育、Web教育をやっても事件を起こす人はいます。2ちゃんねるに他人の個人情報を載せる人は出てきます。

米国のやっていることがすべて正しいと思いませんが、やはり日本にも量刑ガイドラインが必要ですね。

明日は、勤務先の個人情報保護担当者を集め勤務先における個人情報について説明会を開催します。これをやっており、かつ、仮に日本に量刑ガイドラインがあれば、問題を起こしたときに企業として際限なく責任を問われずにすみそうです。最近は日替わりランチではないですが、次から次へと個人情報漏洩事件が続くため、企業法務担当者としては使える教材がいっぱいあり、また、ためになります。その一方でいつ勤務先が個人情報を漏洩するか、不安です(だから説明会、教育をしていると言われればそれまでです)。
[PR]
# by prorata | 2004-03-17 02:44 | 個人情報保護

B級グルメ

月曜日、半年ぶりに関東地方で有名なホワイト餃子をいただきました。懐かしい味、一味とラー油のバランスがたまりません。

自分にとってこれまでおいしかった餃子といえば
●ホワイト餃子
  千葉県野田市に本店あり。一度に200個を焼く機械はすごいですね。
●天龍
  東京都中央区銀座にあり。昼の餃子ライスはたまりません。1個当たりの量があんなに多いのに、すぐ食べれてしまうのはなぜだろう。
●はしご
  同じく東京都中央区銀座にあり。なぜ餃子一皿であんなに高いのかわからなかったけど、食べてみるとこれは絶品!
●歓迎(ホアンホアン)
  東京都大田区蒲田にあり。こじんまりとした餃子ですが、忘れられない味でした。

また、おいしい餃子をいただきたいと思う今日この頃です。
[PR]
# by prorata | 2004-03-17 02:25 | 旅行・グルメ・温泉

現実とのギャップ

最近個人情報の漏洩事件が後を絶ちません。
その一方で、社内規程の整備、社内教育の充実だけで
本当にすむのか、はなはだ疑問です。

ここぞとばかり、各社は技術の側面から個人情報をガードする
新商品・サービスを発表しています。

やはり、制度、処罰・教育、技術の3つがそろわないと個人情報
保護は難しいでしょう。

何も企業法務が万能ではないですから。
[PR]
# by prorata | 2004-03-16 01:50 | 個人情報保護

本日(3月15日)から開始

本日から開始です。
その日の出来事、今思っていることを記していきたいと思います。
[PR]
# by prorata | 2004-03-16 01:35