仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

なぜ常用漢字を使うのか

なぜ、社外向け文書に常用漢字を使うのか、について調べています。私の場合、法務に配属された当時の上司から「法務が作成する文書は、人名や地名などの固有名詞を除き常用漢字以外の漢字を使ってはならない。」と言われ、素直に従っていました。なぜ、そうなのか疑問に思いませんでした。

調べていくうちに、昭和27年に内閣から各省庁向けに出された「公文書作成の要領」にたどることができました。ただし、この「公文書作成の要領」は、必ずしも守らなければならないというものではないようです。一方で趣旨を正確に伝えることが求められるビジネス文書でも従うことが望ましいとされることが多いとのこと。

今でも、社内規程や契約の作成の際には常用漢字を基準としています。
[PR]
by prorata | 2009-06-29 00:58 | 仕事

数年前の個人情報漏えい事件

数年前、社員が保有していた従業員情報がWinnyで漏えいした事件で、法務担当者として対応をしていました。お詫びの文章作成を行なったこと、相手方にお詫びの挨拶をするために帰省ラッシュの中、片道3時間以上かけて新幹線に乗ったこと、新聞社記者の電話取材に対応したこと、社員の懲戒について弁護士に相談したこと、などなど、今となっては懐かしい思い出です。

当社の情報漏えい事件では、社内向け説明資料に使う数字を出すために複数のエクセル表をリンクさせ、そうした中に、個人情報が含まれていました。上司もそうしたデータを作り出していた事まで把握できていませんでした。役員が直接本人に指示をしており、上司がそれを把握するまでにいたらなかったようです。入社して間もない社員が成果を出そうとして、背伸びをしたようです。さらに、この社員は個人PCで作業を行なっており、この中にWinnyをインストールしていたがために情報漏えい事件が起きました。

毎年、情報セキュリティに関する教育を受けるたびに当時のことを思い出します。
[PR]
by prorata | 2009-06-24 01:56 | 個人情報保護

三沢光晴が突然・・・

プロレスラー・三沢光晴選手の件、ニュースを聞いた瞬間「エッ」という言葉が出ました。ジャンボ鶴田の時も「エッ」という言葉が出ました。彼が繰り出すエルボーに何度こぶしを突き上げたことか。また、何度も元気をもらったことか。独身時代は、休日の深夜にプロレスをTVで観戦していました。
三沢選手、ありがとう。
[PR]
by prorata | 2009-06-17 01:39 | スポーツ

裁判員制度PRキャラ 「さがっこ戦隊シチケンジャー」

この5月にスタートした裁判員制度。司法関係者がいろいろとPRに励んでいるようですが、その中で、佐賀地方検察庁がイメージキャラクターとして使っているのが「さがっこ戦隊シチケンジャー」です。小さな男の子をお持ちの方なら聞いたことのある「侍戦隊シンケンジャー」のパクリとしか思えないキャラクターです。
キャラクターの略称が「シンケン〇〇〇〇」か「シチケン〇〇〇〇」の一字違い、レッド、ブルー、イエロー、ピンク、グリーンの5つのキャラクターは同じ、などなど。
子供受けすること間違いなしなので、いっそうのこと侍戦隊シンケンジャーを裁判員制度のキャラクターにしてみたらと思わなくはない今日この頃です。でも、シンケンジャーが裁判員として裁判に参加している姿は、ちょっと想像しづらいところです。
[PR]
by prorata | 2009-06-10 01:46 | 仕事

販売店契約

この数日ほど、海外企業との販売店契約の作成に時間を要しています。当社にとってめったにない海外企業との契約であり、最初から作成するのは久しぶりです。本来であれば部下にさせるべきですが、短納期であることから自分が作成しています。
担当クラスであればその仕事に専念できるのですが、管理職であるがゆえに部下の仕事のチェックをしながらやらなければなりません。さらに大きい案件を同時並行で進めていると、爆発したくなります。
今日は、販売店契約の最終案を詰めつつ、損賠賠償案件の対応をしつつ、いきなり役員に呼ばれて客先との交渉についてアドバイスを求められたり、その他諸々の仕事が重なりました。我ながらよく続いていると思います。「項羽と劉邦」で言えば、今の私の仕事の進め方は、項羽ですね。劉邦のように韓信や蕭何を使いこなしたように部下を育てなければ、と思う今日この頃です。
[PR]
by prorata | 2009-06-06 02:20 | 仕事