仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マンU欧州制覇!!!

マンチェスターユナイテッドが9年ぶりにチャンピオンリーグを制しました。バイエルン・ミュンヘンのシュートがバーをたたいた後、ロスタイムの奇跡の逆転を生んだ9年前と同じように、なぜチェルシーのテリーがPKで滑ったのか、不思議でなりませんでした。9年前と同じようにトヨタカップで観戦するのが今から楽しみです。
その時、C.ロナウドがマンUの選手であればよいのですが・・・。
[PR]
by prorata | 2008-05-23 00:45 | スポーツ

浦和レッズVSガンバ大阪

5月17日、今シーズン初めて浦和レッズの試合を観に行きました。相手は、ガンバ大阪。久しぶりに楽しみにしていました。試合には負けましたが、後味の悪さが残る試合でした。

試合開始前に、ガンバ大阪、浦和レッズの席の間でペットボトルの投げあいが見られ、気にはなっていました。試合終了後には、応援旗の棒らしきものが相互に投げられ、非常に気になっていました。

主催者である浦和レッズは、試合開始前に水風船が投げられた(3歳の女の子に当たった)時点で、水風船を投げた当事者を退去させるぐらいの対応をしなかったのか、疑問です。例えば、オーロラビジョンで警告をするとか、頭を使えばできたはずです。一方で、アウェーで勝利したからといって「ウ○コレッズ」との掛け声をするガンバ大阪の応援団はいったい何者でしょう。

私はバックアッパーの席にいました。10メートルぐらい左にガンバ大阪の家族の姿が見られました。赤ちゃんも一緒になってガンバ大阪を応援していました。ほのぼのとした空間でした。

もっと落ち着いて試合を観たいものです。
[PR]
by prorata | 2008-05-18 23:16 | スポーツ

ソフトウェア不正使用の違約金

客先と締結するパッケージソフトの使用許諾契約に、適正にソフトウェアが使用許諾されているか、当社が監査できる規定を設けています。監査を通じて不正が発覚した場合の違約金が不正分+月2%と設定しています。
先日、ある客先から、この違約金が暴利ではないか、との指摘を受けました。
ソフトウェアの不正使用に対する違約金を2倍とすることが公序良俗違反か争われたケースで、適正に使用することを前提に契約を締結した場合、これに違反した場合、2倍の違約金を支払う旨の規定は公序良俗に反しないとの判断がでていることから、当社の設定は問題ないことを客先に説明しました。
[PR]
by prorata | 2008-05-17 12:22 | 仕事

秘密保持契約と機密保持契約の違い

業務の関係で、秘密保持契約と機密保持契約の違いは何かについて調べたことがあります。インターネットで検索すると、一定の手がかりが得られます。
まず機密を国語辞典で引くと

『《枢機に関する秘密の意》政治・軍事上、きわめて重要な事柄についての秘密。』

と出ました。そこで「枢機」とを何か、国語辞典で引くと

『《「枢」は戸の枢(くるる)、「機」は石弓の引き金》
1 物事の最も大切なところ。かなめ。要所。「組織の―」
2 重要な政務。「国政の―に参画する」
3 ある方面との有力なつながり。縁故。てづる。』

と出ました。次に「秘密」を国語辞典で引くと

1 他人に知られないようにすること。隠して人に見せたり教えたりしないこと。また、そのようなさまやそのような事柄。「―をもらす」「―にする」
・ 「云わば―な悪事でも唆(そその)かすように」〈谷崎・魔術師〉
2 一般に知られていないこと。また、公開されていないこと。「古代史の―」
3 人に知らせない奥の手。秘訣(ひけつ)。「成功の―」
4 仏語。
深遠・微妙で容易に知りがたい奥義。
ある隠された意味をもって説くこと。密教で大日如来の説法などをいう。
真言宗の教義。密教。

と出ます。ここまで調べて、秘密保持契約のほうがより適切でないか、と判断します。
企業法務担当者が公開しているブログの中には、辞典にあたることもなく個人的見解を述べているのも散見されます。企業法務担当者すべてがそうだとは思いませんが、最近の若手をみていると上司、先輩に訓練を受けているのか、疑問をつけざるを得ない方々もいます。
[PR]
by prorata | 2008-05-15 01:23 | 仕事