仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日一日の仕事 2006年4月14日

午前
 部下の検討した契約書の確認(2件)
 午前に会議3件が入ることが分かっていたため、事前に確認。

 会議(3件)
 今日は会議の連続。グループ会議を除くと意味のない会議ばかり。

午後
 会議2件
 病院でいうところの急患が入り、相談に乗る。

 部下の指導
 部内で共有する過去の契約検討資料の整理が間違っていたため、担当者(昨年の新入社員)に原因を確認。周囲が本人に正確な作業手順を説明していないことが原因。担当者の教育担当(6年目)も本人の仕事を確認していなかったため、今後私が直接指導をすることとした。
 
 部下の検討した契約書の確認(1件)
[PR]
by prorata | 2006-04-18 00:04 | 職場環境

今シーズン初めて

埼玉スタジアムに行きました。知り合いに浦和レッズのシーズンチケットを持っている方からお誘いを受け、4月15日に京都パープルサンガ戦を観戦しました。席は1F席アウェー側の席の近くですが、コーナーの間近でワシントン、ポンテ、長谷部、坪井など、選手の顔がよく見えました。試合は前半のレッズはボロボロでしたが、後半はアレックスの切れ切れの動きから3点を取り、レッズが快勝しました。後半、岡野が途中出場してから会場が盛り上がったのはびっくりです。
[PR]
by prorata | 2006-04-17 21:55 | スポーツ

やはり闘莉王のヘッド炸裂

日曜日に行われたJリーグ、浦和レッズ対アビスパ福岡の試合、テレビで観戦できませんでしたが、J’Goalで結果をチェックしていました。試合速報中には、一緒に楽しんでいるサポーターからスコアボードに書き込みできるという優れものです(ランダムに抽出されますが)。後半30分過ぎになっても0-0でしたので「闘莉王のヘッド炸裂」と書き込みをしたらこのスコアボードに掲載されました。そしてロスタイム、夢が現実になりました。自分でもびっくりしました。こんなことってあるんですね。
[PR]
by prorata | 2006-04-11 21:36 | スポーツ

商法第253条第1項の書面決議のサンプル

つい最近、商法第253条第1項に基づく書面による株主総会みなし決議の書面をどう作るか、悩んだことがあります。本来であれば招集手続きを経ることなしに行われるものであるため、「招集手続きを経ることなしに」みたいな文言を入れている他社の例がありましたが、結局招集のことを特に言わないスタイルとして次の提案書、株主の同意書、就任承諾書、辞任届、株主数が○名だけである旨の会社の証明書を作成しました。

  商法第253条第1項に基づく書面による株主総会みなし決議に関する提案書

拝啓ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて当社は、監査役の選任を株主総会の決議の目的たる事項として、株主の方々に対し、下記のとおり提案させていただきますので、下記会社提案の内容にご同意いただける場合は、お手数ですが別添の同意書に氏名、住所をご記入、ご押印の上、平成  年  月  日までに当社あてに折り返しご送付くださいますようお願い申し上げます。
なお、書面をもって下記会社提案の内容にご同意いただける場合は、商法第253条第1項の規定に基づき、平成  年  月   日に下記会社提案を可決する株主総会の決議があったものとみなされ、臨時株主総会は開催いたしませんのでご了承願います。

                          記
会社提案の内容
議案 監査役1名選任の件
 監査役○○○○氏より、平成  年  月  日の満了時をもって監査役を辞任する旨の申し出がありました。つきましては、新任の監査役として○○○○氏の選任を提案するものであります。なお、選任される監査役は平成  年  月  日付で就任するものといたします。また、本議案に関しましては、監査役会の同意を得ております。なお、○○○○氏は、「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」第18条第1項に定める社外監査役の候補者であります。
                                                 以上
[PR]
by prorata | 2006-04-08 03:40 | 仕事

ちょうど1年前

転職を考え、実行する寸前までいったことがあります。あまりにも上司たちが理解不能な業務配分でいたずらに私の仕事だけ増え、一方で裁量労働制でありながら裁量なんぞまったくなかったことがその理由です。紹介会社を通じての転職活動で内定ももらっており、また別の会社からも内定がもらえそうでした。

結局転職することをやめて1年たち、上司たち3人のうち1人(担当役員)は定年退職、1人は他部門へ異動となりました。特に直属の上司であった課長がいなくなって仕事がサクサク進んでいます。

今回の担当役員が会社にきたことにより、直属の上司であった問題の課長を呼び寄せ、いたずらに仕事のための仕事が増えるだけでした。長かったです。まさに臥薪嘗胆でした。

臥薪嘗胆:中国の春秋時代、呉王夫差(ふさ)が父のかたきの越王(えつおう)勾践(こうせん)を討とうとして、いつも薪(たきぎ)の上に寝て身を苦しめ、またその後夫差に敗れた勾践が、いつか会稽(かいけい)の恥をそそごうと苦い胆(きも)を嘗(な)めて報復の志を忘れまいとしたという。(大辞林)

この4月に課長に昇進した45歳過ぎの方と一緒に、今日外部の方と打ち合わせに出席しました。その方は例の担当役員のお気に入りの方でした。外部の方からCSRレポートの対象は投資家を含むステークホルダー(利害関係者)という説明があった際

『「投資家」の「投資」って設備投資のことですか。』

と外部の方に聞いたのには呆れて開いた口がふさがりませんでした。その程度でよく課長試験に合格したし、定年退職で辞めた担当役員もこの45歳過ぎの人を恥ずかしくもなく課長に推薦したと思いました。
[PR]
by prorata | 2006-04-05 01:08 | 職場環境

今日一日の仕事 2006年4月4日

午前
 ここ2日、朝7:50に出社し、早めに仕事を切り上げ帰宅している。

 部下のチェックした契約書を確認(2件)
 個人情報管理、業務委託契約のチェック。たいしたことはなかった。

 メンバーと打ち合わせ
 今回の人事異動で一緒になるメンバーと今後の業務分担について打ち合わせ。 

 就業規則改正一部に関する全社通知を発信
 
午後
 外部との打ち合わせ
 CSRレポート作成に関し、広告会社と打ち合わせ

 社長印押印で人事部担当者に注意
 本社、支社等の所轄労働基準監督署へ提出する就業規則改正の届出について、一部の労働基準監督署の名称を間違えていたため、人事部に訂正するよう注意した。「茨城労働基準監督署」なる官庁は存在しません。この書類を最初にチェックした法務6年目の担当者は、いったいどこを見ているのであろう。

 不動産賃貸借契約をチェック(1件)
 担当者が多忙のため、自分でチェック。

 管理職による会議
 管理職ではないが、配下のメンバーに伝えなければならないため出席。結局2時間以上もかかる。
[PR]
by prorata | 2006-04-04 21:44 | 職場環境

なぜ名古屋と引き分ける?

今日の浦和レッズvs名古屋グランパス戦をTVで観戦しました。エスクデロ、相馬、黒部を見ることができたのはうれしかったけど、それにしても点が取れないのはなぜ、また今日の主審は誰だと思いました。後半ペナルティエリア内でワシントンが倒され、確かに名古屋DFの腕がワシントンの首を巻いているにもかかわらず、何もありませんでした。レッズは常に一部の審判と戦わなければならず、つらい立場です。首位ではありますが油断禁物です。
[PR]
by prorata | 2006-04-02 21:43 | スポーツ