仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ライブドアの新社長

ライブドアの新社長が取締役でないことが一部で話題になっていますが、要は今回就任したライブドア新社長は執行役員社長(または執行役社長)ということであり、執行と監督機能の分離ということであると理解しています。確かに、ライブドア新社長は取締役ではなく、代表取締役は熊谷氏1人です。今のライブドアの株主構成や社会の目を考えれば、熊谷氏が暴走してライブドア新社長を解任するといったことを行うとは考えにくいと思います。新社長は取締役ではないので、取締役会での決議に参加できませんが、陪席扱いということは可能でしょう。

それにしても、ライブドアの今回の社長人選について弁護士からアドバイスをもらっていると思いますが、アドバイスしたのはどこの弁護士事務所でしょうか。気になります。また、フジテレビのライブドアへの支援について、アドバイスをしているのは、やはり中村弁護士か、はたまた久保利弁護士か。レッスンプロから早く脱却してほしい2人です。

フジテレビ側もライブドアと和解する際にライブドアの粉飾決算(?)を見抜くことはできなかったのでしょうね。フジテレビにとってあのタイミングでの和解が本当に正しかったのか。もう少し時間がたたないと分かりません。ただ、あの中村弁護士はほとぼりが冷める頃に講演会の講師としてがっぽり稼ぐのでしょう。
[PR]
by prorata | 2006-01-28 00:12 | 仕事

今日一日の仕事 2006年1月26日

午前: 
 若手が作成した契約書のチェック1件。
 若手が作成した独占禁止法改正に関する情報のチェック。上司からの指摘をよく考えて反映していないのが明らか。
 スタッフ部門の管理職から証券取引法の重要事実に該当する例について質問を受け、若手が作成した回答をチェック。全般的に筆を入れた。若手の中で一番年長であるが、まだまだ、といったところ。
午後:
 社内の決裁権限見直しの要請をスタッフ部門から受ける。よく聞くとスタッフ部門同士のコミュニケーション不足が判明。突然相談に来られて1時間の拘束はきつい。
 株券輸送保険の確認。過去の事例について若手に調べさせたが、有効な情報を得ることができず、退職した前任者に確認。これもよく調べれば分かることであるが2時間も拘束。
 若手が修正した標準契約書のチェック2件。30分ほどで終了。
[PR]
by prorata | 2006-01-27 01:06 | 仕事

労働時間の見直しというが・・・

労働時間制度の見直しを議論している厚生労働省の「今後の労働時間制度に関する研究会」は25日、これまでの管理職に加え、一定以上の収入や権限のある労働者を、1日8時間・週40時間の労働時間規制から外す新制度の導入を盛り込んだ報告をまとめたとのことです。

報告書を読むと、最初に裁量労働制ありきで労働者への安全配慮義務はこれっぽちもありませんでした。対象者が業務量を自分で決められる「管理職手前の中堅社員」や「プロジェクトリーダ」としています。自分なんぞはまさにこれに該当しますが、管理職連中は定時出社、定時帰社を遂行する一方、私は23時前帰社が通常です。

絶対に管理なんぞできませんよ。今の管理職どもは。よちよちの若手メンバーの検討結果を一から修正していますが、そうしたことに対し管理職どもは面倒も見てくれません。

一定の年収保障をするとありますが、賞与なんぞ業績次第でいくらでも減りますよ。残業代をケチるのはいいですが、長時間労働による過労死が続発するでしょう。
[PR]
by prorata | 2006-01-26 01:51 | 労働法関係

生涯経県値

私の生涯経県値をあるHPで調べてみました。


居住(住んだ) ( 5 点) × 4県
埼玉県 東京都 神奈川県 静岡県

宿泊(泊まった) ( 4 点) × 21県
北海道 岩手県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 千葉県 新潟県 富山県 石川県 山梨県 長野県 愛知県 京都府 大阪府 兵庫県 鳥取県 福岡県 長崎県 熊本県 鹿児島県

訪問(歩いた) ( 3 点) × 7県
宮城県 秋田県 山形県 三重県 滋賀県 奈良県 広島県

接地(降り立った) ( 2 点) × 0県

通過(通過した) ( 1 点) × 5県
青森県 岐阜県 岡山県 山口県 佐賀県

未踏(未経県) ( 0 点) × 10県
福井県 和歌山県 島根県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 大分県 宮崎県 沖縄県

ということで130点でした。
まだまだ行くところがあります。特に四国は未踏の地です。

生涯経県値HP
[PR]
by prorata | 2006-01-25 03:44 | 旅行・グルメ・温泉

今日一日の仕事 2006年1月24日

午前:
共同開発契約の事前確認
 若手から相談を受ける。継続案件であったため、過去の共同開発の経緯、成果の有無を確認するよう指示。

海外現地法人の設立申請書、定款の確認、修正
 事業目的、役員体制、取締役会決議基準・・・さまざまな問題を確認。過去に設立した国内外の子会社、関係会社の決議基準も同時にチェックした。

稟議書案のチェック
 関係会社管理部門のマネージャーから相談を受ける。関係会社の株主総会での議決権行使に関する起案書作成上の注意事項について質問を受ける。

午後:
若手が作成、確認した契約書(5本)のチェック
 使用貸借契約:前任者のマネージャーがチェックした契約書の精度が甘く、相当の手直しをする。管理職がチェックした契約書だから大丈夫というのは禁物。
 共同研究契約:研究期間が18ヶ月もありながら、研究項目は3つ、研究スケジュールはなし、研究中の評価や報告の仕組みもなしという、独立行政法人が作成した共同研究契約としては詰めが足りないが、それを自覚せず、のんべんだらりとチェックしている若手(5年目)にも問題。

a0009247_1484011.jpg若手を注意
近くのコンビニで購入した「うまい棒」を就業時間中に食べ、そのままのにおいで私のところに上記の使用貸借契約の相談に来た若手に対し注意を与える。うまか棒のにおいをそのままにしてくるとは、いい根性しています。この若手は、子供のような精神年齢で少々手を焼きます。この若手が入社した際には6ヶ月ほど教育担当としてOJTをしましたが、なかなか仕事を覚えません。今でも「君が教育担当だったから彼がああなった」と言われます。

IT投資減税の質問に対し回答
 22時過ぎに質問あり。すぐ回答を作成。
[PR]
by prorata | 2006-01-25 01:58 | 職場環境

ホリエモン逮捕と日本社会

ホリエモンが逮捕されました。今回のホリエモン逮捕容疑は証券取引法違反ですが、そもそも多かれ少なかれホリエモンのような手口を使っている一部上場企業は多いのではないでしょうか。例えば子会社との間でライセンス契約や業務委託契約を締結後、配当金で吸い上げ、子会社に売り上げがあったように見せ、粉飾決算まがいの行為を行っている会社って結構多いのではないでしょうか。

一方、最新版の旬刊商事法務にありましたが、新司法試験が始まり法曹人口の増加が予想される中、企業法務側がこうした新司法試験の合格者を採用するか、長期的にわたって検討する必要があると私も思います。しかし、法令に違反するか、しないか、ホリエモンのようにスレスレのことを見極めるために弁護士のニーズが増えるようでは大変です。

ひと昔前の企業法務は、そんなに変わらない商法、民法の知識を引っ張り出して社内からの問い合わせに答えることができていました。今は相次ぐ法令改正に追いついていかないと役立たずの企業法務担当者に陥ります。

最近の週刊誌の特集ではないですがホリエモンが登場してから、日本の社会は貧富の格差が激しくなったように思います。とはいっても、もう戻れないでしょう。古きよき時代には。企業法務担当者も切磋琢磨しないと時代に取り残されます。
[PR]
by prorata | 2006-01-24 01:19 | 仕事

説教強盗

最近社内や友人から私の携帯電話に電話をかけてもつながらないというクレームを多数受けていました。NTTドコモに確認したところ、私の携帯電話がまったく鳴らない設定になっていたとのこと。教えてもらったとおり修正しました。「私にはこんな設定をしたことがない。誰だろう・・・。」

そこで思い出したのが、元上司です。私が職場で自分の携帯電話を充電させたまま外出した際、元上司が何を思ったのか私の携帯電話にかけたらしいんです。私の携帯電話の画面に表示されたのは元上司のニックネーム。元上司はこれを見て頭にきたらしいです。

その後、電話に着信履歴があったので「誰だろう」と思い、電話をかけたら元上司が出ました。

そうです。私の携帯電話の電話帳から元上司がニックネームを含め削除していたんです。

思い当たる節として、口癖のように「携帯にダイヤルロックをかけるのは常識」と言っていました。でも上司の机の上に放置していたわけでなく自分の机上で充電していた携帯電話の電話帳を削除するとは。それでいて私に対し「携帯電話に出ないね」だって。また、別の同僚(担当者)も携帯電話を自分の机上に置きっぱなしのまま席を外した際に元上司はその携帯電話を隠しました。さらにたちの悪いのは、この元上司が今、勤務先のコンプライアンス相談窓口の責任者をやっていることです。

これって、説教強盗と同じですよね。

確かに携帯電話を自分の机の上に充電しっぱなしにするのは悪いが、説教強盗が許される理由はないですよ。

昨今、企業倫理だのCSRだの騒がれていますが、やっている人たちが体たらくでは従業員はちはたまりません。
[PR]
by prorata | 2006-01-12 03:11 | 職場環境

海外研修決定

このたび勤務先の上位上司の推薦を受け、米国での研修を受けることになりました。期間は1週間程度ですが、先端企業訪問、ホームステイ、等々盛りだくさんです。先端企業の動向を把握するとともに、今後の自分のキャリアアップにつながる何かを掴み取ることができればと思います。今の会社に入ってからずっと、深夜残業、タクシーでの帰宅、休日出勤の連続でしたので報われたのかな、と思います。まずは自己紹介(英語)のPPTを用意しなければなりません。
[PR]
by prorata | 2006-01-11 01:49 | 職場環境

「うらわがわらう」

あけましておめでとうございます。
新年早々、浦和レッズの25年ぶりとなる天皇杯優勝のニュースは私にとってうれしいの一言に尽きます。正月から「うらわがわらう」となりました。天皇杯で優勝できたのも、マリッチのおかげです。加入当時正直言ってあまり期待していなかったマリッチがこんなに活躍するとは思ってもみませんでした。1月2日に日本を出発したとのこと。次のチームでの活躍を心よりお祈り申し上げます。「ありがとう、マリッチ」
マリッチがW杯日本戦に出場したらどうしよう。彼は、この5ヶ月間で入手した日本サッカーの情報は、クロアチア代表チームにとってのどから手が出るほどほしい情報ではないでしょうか。そういう意味では、サッカー日本代表チームはクロアチア戦をなめてはいけません。
クロアチアがらみでいうと、TV朝日のやべっちFCで紹介されていた、クロアチアサッカーをよく知る方のブログを発見しました。
クロアチアサッカーニュース
分かりやすいブログでした。すぐにお気に入りに登録しました。
話は変わりますが昨年の大晦日のPRIDEのリングは、ジャンルは違えどすでにW杯前哨戦でしたね。
ブラジル:シウバ、アローナ
クロアチア:ミルコ・クロコップ
オーストラリア:マーク・ハント
今年のW杯、やはりTV観戦になりそうです。
[PR]
by prorata | 2006-01-03 04:32 | スポーツ