仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日一日の仕事 9月28日

午前
9時、部下が確認した契約書のチェック(4本)、10時、構内請負に関する社内データの確認。データがエクセルで単にまとめられていても、その背景等をよく理解しないと、間違いを起こすことがあります。

午後
13時、グループ会議、15時、債権回収上の問題について打ち合わせ(突然相談したいとのことであった)、構内請負に関する社内説明資料のまとめ、および上司へ説明。夜、部内の送迎会。業務処理の都合で1時間遅刻。
[PR]
by prorata | 2005-09-29 00:10 | 職場環境

今日一日の仕事

午前
前日、0時30分まで残業をしていたこともあり、フレックスで9時出社。若手メンバーが検討した契約書のチェック3件。出社から1時間、社内イントラネットが混線状態にあり、PC、電話(IP電話)ともに使えず。結局、書類のチェックに終始。

午後
13時、構内請負適正化に関する社内からの報告データのまとめ。15時、若手がまとめた社内向け法務マニュアル作成の方針について上司である部長への説明に同席。16時、今後の組織運営について若手メンバーと会話、若手メンバーが検討した契約書のチェック1件。18時20分、社外メンバーとの懇親会出席のため退社。こんなに早く会社を出たのは3週間ぶりでした。働きすぎかもしれません。
[PR]
by prorata | 2005-09-28 01:40 | 職場環境

機内誌講読者7千人分の情報紛失

全日空は2005年9月27日、同社機内誌「翼の王国」の発送業務を請け負っている子会社「エーエヌエー・ロジスティックサービス」が、同誌の定期購読者計約7000人分の氏名、住所などの個人情報が記録されていたフロッピィーディスクを紛失したと発表しました。全日空は、「個人情報が不正使用されたという形跡はない」としており、子会社の担当者が誤ってフロッピィーディスクを捨ててしまった可能性が高いとしています。
よく、取引基本契約で受託会社がさらに業務委託をする際には自己の責任および費用でさせる旨の取り決めをするケースがあります。プライバシーマークでも業務委託先の情報管理をチェックする仕組みを構築するよう要請しています。でも実態として、子会社の情報管理がどうなっているのか、定期的に、まじめにチェックしている会社は少ないと思います。いかに契約でリスクヘッジしても、チェックする仕組みがないとどうにもならないと思います。
[PR]
by prorata | 2005-09-28 01:08 | 個人情報保護

佐川急便が偽装請負

宅配便の「佐川急便」が荷物の集配業務で、実際には外注業者から労働者の派遣を受けていたにもかかわらず、業務委託の形で下請けに出したように偽装した契約を結んでいたとして、厚生労働省から労働者派遣法に基づく是正指導を受けていたとのことです。
同社の関東支社は、東京都杉並区の配送センターの集配業務を人材派遣会社など外注業者数社に「委託する」という契約を結んでいたようです。しかし実際には、関東支社から割り振られた人数の従業員を、外注業者が配送センターに派遣していたとのことです。
業務委託の場合、現場で働く従業員は在籍する外注業者の管理者の指揮・命令を受けて働くこととなります。しかし配送センターでは、従業員は佐川急便から直接指揮・命令を受けて働いており、東京労働局は業務委託を装った労働者派遣だったと判断した模様です。
こうした偽装請負が行われると、労働基準法や労働安全衛生法に定められている労務管理や労災発生時の責任が、佐川急便側にあるのか取引業者側にあるのかがあいまいになる恐れがあり、労働者派遣法で禁じられています。
また、東京労働局などが同社に対し、全国333か所の配送センターについて契約状況を調査するよう要請し。今年2月に同社がまとめた調査結果によると、259か所の配送センターで偽装請請負が行われていた模様です。

厚生労働省などによると、景気低迷の影響で近年、正社員の代わりに派遣社員に業務を行ってもらう企業が増えています。しかし労働者派遣契約を結ぶと、派遣社員の就業時間の管理や、安全衛生面での管理を正社員並みに行わなければならず、新たに安全管理者や衛生管理者などを置かなければならなくなります。
こうしたコストを嫌って、偽装請負を行っている企業も多く、昨年度、全国の労働局が偽装請負について行った是正指導は1024件に上っているとのことです。労働者派遣法では、偽装請負で従業員を受け入れていた企業に対し、厚生労働省が是正指導を行う。改善されない場合は勧告を行い、それでも従わない場合は、企業名や経緯の公表措置が講じられることとなります。

ちなみに偽装請負を行った場合、発注者側、受注者側ともに罰則の適用を受けます(1年以下の懲役または100万円以下の罰金)。
[PR]
by prorata | 2005-09-24 23:34 | 労働法関係

今日も勝てなかった浦和レッズ。でも・・・

今日のマリノス戦、0-0のスコアレスドローに終わりました。J’s Goalで経過を追っていましたが、残念です。前日の岡野の交通事故(岡野が悪いということではなさそう。)、坪井の脳震とう、と最近の浦和レッズはついていないことが多いです。DF陣は、トゥーリオの怪我、坪井の脳震とう、等々でぼろぼろです。何とか優勝戦線にとどまってほしい浦和レッズ。今年は、開幕戦のアントラーズ戦で負けて以来、気が引けて行けません。今度私が埼玉スタジアムに行くときは、本当に勝ってほしい試合になるでしょう。
がんばれ、レッズ!
それにしても今日の試合、49800人もの観客がいたということは、相当盛り上がっていたことでしょう。
[PR]
by prorata | 2005-09-24 23:19 | スポーツ

モーターサイクル・ダイアリーズを観ました

日曜日にDVD「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観ました。南米の革命家、チェ・ゲバラが若い日に実際に行った南米10000キロの旅を映画化したものです。
モーターサイクル・ダイアリーズ
東京で公開された時は、確かひとつの映画館でしか上映されていませんでした。先日、TSUTAYAに行ったとき、偶然モーターサイクル・ダイアリーズを見つけ、ついつい借りました。やはり観てよかったと思います。若いころ、自分もこうした無理をしたな、と思います。歳をとるとこうした若い日の情熱がついつい失せてしまいます。自分自身、チェ・ゲバラの似顔絵入りのTシャツを持っていますが、どういった人か、あまり知りませんでした。でも、この映画を観てもっとチェ・ゲバラを知りたいと思いました。この映画はお勧めです。
[PR]
by prorata | 2005-09-07 00:46 | 仕事

映画「容疑者室井慎次」を観ました

土曜日(9月3日)に「容疑者室井慎次」を観ました。「踊る大捜査線」シリーズを一通り観ましたが、展開がこれまでとある程度一緒で、次に何がくるか、大体想像がつきました。「釣りバカ日誌」と同じように展開が読めます。かといって、それが悪いのではなく、心地よいのです。この映画の評価が分かれていますが、それも分かります。
登場人物の中で、八島智人が演じる灰島弁護士があまりにもオタクに描かれすぎていていました。きっと、今の日本がごく一部の弁護士や少女に振り回されているということを言いたかったのか。他のブログでは新宿西警察署の前で火をたいているのはおかしいとかいう評価がありましたが、あれも何かメッセージが込められているのでは。
それにしても柳葉敏郎はシブイです。次回の「踊る大捜査線3」は3年後ぐらいか。ちょうどローテーションで室井慎次が警視庁に戻ってくるころですか。
[PR]
by prorata | 2005-09-06 01:00 | 仕事

公職選挙法

9月11日投票の衆議院選挙について、公職選挙法の問題点がいろいろと指摘されています。IT系企業法務の立場からは、寄付と文書図画の頒布(候補者のHP作成請負)に注意しなければなりません。寄付についてはすでに議論がある程度尽くされている感があります。一方、文書図画の頒布については、技術の進歩に法律(および国会)がついていけていないようです。平成8年10月28日の新党さきがけによる自治省への質問では、ホームページの文字は文書図画に当たるとのことです。
自治省行政局選挙部選挙課の新党さきがけの質問に関する回答
候補者のブログで選挙中自らブログの更新を控えていたにもかかわらず候補者ではない人が「がんばれ」みたいなコメントを掲載したら・・・。すでに一部の選挙管理委員会では候補者のブログを閉鎖するよう、要請しているようです。
ITのわかる政治家がもっと選出されないと、いけませんね。
[PR]
by prorata | 2005-09-01 01:16 | ITと法務

私儀と私議

昨日(2005年8月31日)、代表者印を押印する書類(委任状)を部下が持ってきたためチェックしたところ、一箇所誤りを見つけました。「私儀」とするところを「私議」としていました。依頼部門のマネージャーも、私の部下も、まったく気づきませんでした。試しに他の部下(入社3~5年目)にも聞いてみましたが、3分経過してもぜんぜん気づかず。
ちなみに大辞泉で「私議」を調べると、(1)自分一人の意見。私見。(2) 陰で批判すること。ひそかにそしること、とのことでした。私自身、よく人事異動、転職等の挨拶状をいただきますが、その際よく「私儀」を使っているのを見かけます。時代を感じます。なお、「私儀」は「わたくしぎ」と読むようです。
[PR]
by prorata | 2005-09-01 00:26 | 仕事