仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

「明日の企業法務」を考える前に・・・

最近NBLに「明日の企業法務を考える」というテーマで弁護士、大学教授、新進気鋭の企業法務スタッフが800字程度のコラムを書いているのを読みました。
私にとって重要なのは、「明日の企業法務」より「今日の企業法務」です。
私の会社の役員、部長クラスは終業時間後にとっとと帰り、「後はよろしく」の一言。課長は、会社法を読まず、「てにおは」の修正に命を賭け、何かあると「俺が課長だから取引先とのあいさつ回りにいかなければならない」、酒を飲んで気に入らないことがあると襟をつかむといった愚行をしでかす始末。また、最近では医者からメンタルとの診断を受けたようです。
私の日常の終業時間は22時が当たり前、重要な会議で使う資料を1週間前までに役員、部長クラスに渡しておいても、会議前日に役員、部長クラスから思いつきの指摘を受け、それが原因で深夜まで働くこともしばしば。
それでいながら成果主義、裁量労働制。企業法務部門における成果とは何か、分かっていない課長に自分の成果を評価されなければならないとは・・・。
やれ「明日の企業法務を考える」だの、CSRだの、コンプライアンスだのといった言葉がもてはやされていますが、それよりも、まず、今働いている職場の労働環境です。日本経済新聞には、ホワイトカラーにおける労働のあり方を見直す(時間管理から成果管理へ)報道がありましたが、すでに成果主義、裁量労働制が導入されている私の職場においては、メンタルなアホ課長に成果を評価されています。所詮、成果主義や裁量労働制といっても、管理する側に問題があれば労務管理していないのと同じ状況になります。
多くの企業法務部門は、遅くまで働くケースが多いと思います。こうしたことを改善できない企業法務の人たちがいくら「明日の企業法務」やCSR、コンプライアンスを考えても絵に描いたもちに過ぎません。
[PR]
by prorata | 2005-04-29 22:35 | 職場環境

JR福知山線の事故2

事故発生から4日経過し、ある程度論点は出揃ったと思います。
■運転手に「1秒でも遅れたら報告」させていたという報道があります。また、関西私鉄との競争に勝つためにスピード重視であったとのことです。少しでも遅れれば草むしりなどの懲戒というのは、あまりにも運転手を追い込みすぎです。成果主義のひずみです。また、間が悪いことに厚生労働省は、ホワイトカラーの労働管理の転換を検討している情報がリークされました。
日経HP
重大事故を起こした原因が、ブルーカラーとはいえ苛酷な労働環境が原因かもしれないといわれているさなかで、こうした情報がリークされるというのは、やはり間が悪い厚生労働省といわざるを得ません。
■そもそも、急カーブでの速度制限が時速70kmであるのに対し、その直前まで時速120kmが可能というのはどうでしょうか。段階的に120km→90km→70kmという制限速度の設定をしていないのは、そもそも問題だと思います。
■JR西日本の経営姿勢も問題ですが、利用者側もJR西日本をせかしすぎていたのではないでしょうか。確かに早く目的地に着くことは重要なことでしょう。東武鉄道・竹ノ塚駅死傷事故も手動式踏切を捜査する東武鉄道社員に対し「なぜ、もっと早く上げないんだ」と怒鳴りつけていた人もいたようです。
■遺族に対する社員の不用意な発言(「葬儀屋が行いますから」)は、以前の雪印乳業・食中毒事件の際の「私も寝ていないんだ」といった社長と同じレベルです。
いずれにせよ、三菱自動車に続く企業倫理の格好の教材になることは確かです。昔から効率重視だけでは、かならずこうしたひずみがでます。
[PR]
by prorata | 2005-04-29 13:33 | 企業倫理

月額報酬594円

ウィルスバスターの不具合に伴い、トレンドマイクロは26日、同日正午段階で被害を確認できたエバ・チェン社長兼最高経営責任者(CEO)は記者会見で「今回の問題を肝に銘じるため、最後の1台が正常に戻るまで自分の役員報酬を月額594円にする」と謝罪しました。「594」は障害を引き起こしたファイルの番号とのことのようです。
最近、このように取締役としての責任を明確にする方々が少なくなった中で、めずらしいと思いました。実は自分もウィルスバスター・ユーザーの立場でありますが、分かり安い責任の取り方で好感が持てます。自分の職場環境に比べてはるかに経営責任が明確です。
惜しむらくは、こうした情報をメールでよいのでユーザに伝われば、「トレンドマイクロがんばれ」となると思います。
[PR]
by prorata | 2005-04-27 01:37 | 仕事

JRf福知山線の事故から

2005年4月26日、JR福知山線で痛ましい事故が発生しました。つつしんでお悔やみ申し上げます。
■JR発足以来、JR西日本は京阪神近郊の都市部における大幅なスピードアップを図ってきたと言われています。大阪-京都方面の快速は最高時速130キロで走っています。130kmといえば、今度のつくばエキスプレス(TX)も130km運転をし、対抗上常磐線も130km運転をするとのことですが、大丈夫でしょうか。新幹線のように専用路線で走っていれば別ですが。
■JR東海道線では2002年11月、人身事故の救助に当たっていた救急隊員が後続の特急にはねられ死傷したという事件が発生しています。この事故では、現場状況の確認を怠ったとして、業務上過失致死傷罪に問われた指令員らが有罪になりました。大阪地裁は判決理由で「ダイヤの早期正常化に関心を傾けすぎていた」と指摘し、安全よりスピードを優先する企業体質を批判していたとのことです。今回の件、指令側(官制本部側)がコントロールしていたのか、疑問です。
■事故の写真を見ると、ステンレスの車体がぐしゃっとなっています。数年前の日比谷線の事故でもステンレス車体のもろさが指摘されていましたが、改善されたのでしょうか。おそらく、今回の件でJR西日本は国土交通省から相当重い処分を受けることになるでしょうが、それ以上に、大変長くの被害補償・損害賠償請求を受けることになるでしょう。加えてJR西日本は臨時報告書を提出したのでしょうか。
■今回事故を起こした運転手は、過去3度も車掌時代の居眠り、オーバーラン等で3回も処分を受けていたとのこと。現時点では、本人の責任か、線路内の異常(車の立ち往生)、車両故障のいずれか分かりませんが、23歳にして3度の処分は多すぎませんか?
■最近、運輸関係の不祥事が頻発しています(JAL、ANK、JR西日本、東武)。国土交通省の監督が甘いのでしょうか?これらの企業における企業倫理教育は十分でしょうか。やはり座学かWeb教育か分かりませんが身になっていないことは確かかもしれません。
[PR]
by prorata | 2005-04-26 02:15 | 企業倫理

マンUが浦和レッズと対戦!!!

このたびマンチェスターユナイテッドが来日し、浦和レッズと対戦することが決定されました。
浦和レッズHP
さすがマンU!オフシーズンに他のチーム(バルセロナ、ハンブルガー)との試合のチケットより高いですね。1999年のトヨタカップのときもプレミアチケットになりましたが、今回も同じことになるでしょう。これはなんとしても観に行きたい試合です。昨年、浦和レッズがマンチェスターに招待された時は、雷雨により試合することができませんでした。個人的には両方のファンであるので微妙な気持ちではありますが、とにもかくにも試合を楽しみたいと思います。
[PR]
by prorata | 2005-04-22 02:12 | スポーツ

日本郵船、採用試験応募者の履歴書を紛失

日本郵船が2006年度の採用試験の応募者のうち、122人分の個人情報が記載されたエントリーシート(履歴書)のコピーを2005年4月7日に紛失していたことが2005年4月18日に若かったとのことです。同社によると、面接担当者が履歴書(エントリーシート)を紛失した後社内に報告したのが4月11日。自宅でシートに目を通すため、社内規則に従い管理者に断った上で社外に持ち出したとありますが、そもそもこうしたことがきっかけで個人情報が漏洩する自己が後をたたないことを考えると、自宅に持ち帰ることを認めた上司も、なくしたことをすぐ報告しなかった面接担当者も責任はかなり重いと思います。報告、連絡、相談といった社会人として当たり前のことができていない社員がいる日本郵船の体質も問われてしかるべきです。まさか秋田県湯沢市のように訓戒処分で済ますことはないと思いますが(減給ぐらいか)、厳罰でしょう。
[PR]
by prorata | 2005-04-20 02:11 | 個人情報保護

そういえば

今から数年前に子会社の本店移転登記の関係で8月9日に東京法務局港出張所に行った際、ロシア大使館付近で「右」の人たちが黒色の街宣車に乗って列をなしていました。そうです。1945年8月9日の旧ソ連の対日参戦に対して抗議していました。「あれから60年以上経過しているのに、すごいなあ。」という印象でした。毎年やっているんでしょうね。そのとき、「右」の人たちは投石せず、「相変わらずやっている」という感じでした。うるさいけれど、ある程度の秩序を持って行っていました。
それに比べて、今回の件は中国そのものが国際社会から問われているのでは。こういった国こそ国連安保理の常任理事国にふさわしいのか、よく吟味する必要があるかもしれません。
[PR]
by prorata | 2005-04-17 23:27 | 仕事

上場企業における社外取締役選任義務

金融庁は、取引所に上場するすべての企業に対し、経営陣から独立した社外取締役の選任を義務付けるための「取引所規則」の改正を、東京証券取引所など主要な取引所に要請するとのことです。2005年6月までに論点をとりまとめるとのことです。
米国と違い、日本の場合には上場子会社といった特殊なものも存在するため、社外取締役の定義が問題になるでしょう。以前、日立がグループ上場子会社に委員会制度を導入させ、日立が社外取締役を送り込んだことにより、厚生年金基金連合会の逆鱗に触れたことがありました。金融庁も上場子会社における社外取締役について当然論点にとりいれることになるでしょうが。
[PR]
by prorata | 2005-04-16 23:34 | 仕事

今回の中国における反日デモについて

連日、マスコミをにぎわせています中国における反日の動き、一応注目しています。昨年のアジアカップにおける反日の動きからすると、一部の人たちだけでしょうが、過激ですね。一部とはいえ人口10億人の一部ですから、大変な数に上ることは間違いないでしょう。また、暴徒化している人たちを法律に基づく処分ができない中国政府も問題ですね。自浄能力なしでしょう。
これに比べると、日本は中国大使館の表札に赤いペンキを塗った、白い粉(実は片栗粉)が届く、といった程度の騒ぎで収まっています。器物損壊罪その他で警察が捜査に乗り出しているようですが、法治国家ならではと思います。
先日のUEFAチャンピオンズリーグ・ACミラン対インテル戦でインテルサポータが暴徒化し没収試合になりました。得てして負けている方が暴徒化するものです。もう少し大人の対応をしていればいいものを、と思います。
また、今回の件長期化すれば、観光者の旅行取り止めのみならず日本企業の撤退、投資引き揚げ、といったことを真剣に検討しなければならないでしょう。以前、勤務先においてアジアでは中国一国に人材を集中すべき、なんぞということを言っていた偉い人(事業部長クラス)がいました。やはり、可能であれば投資は分散すべきことを改めて思い知らされる事件です。
[PR]
by prorata | 2005-04-16 22:39 | 職場環境

今さらWinnyで個人情報漏洩

秋田県湯沢市の合併協議会事務局の公用パソコンから、市民約1万人分の名簿を含む合併協関連情報がインターネット上に流出したとのことです。
漏洩した個人情報は、湯沢市の世帯から無作為抽出した18歳以上の市民1万1255人分の名前と住所が記載され、備考欄には「入院中」や「居所不明」などの情報も記されていました。担当職員が公用パソコンでファイル交換ソフト「ウィニー」を私的に使用し、同ソフトを通してウイルスが侵入し、大量の情報が漏れたとのことです。湯沢市は11日付で職員を訓告処分にしました。
Winnyによる個人情報漏洩は、2004年に京都府警で問題になりました。よくある個人情報漏洩のケースとして、担当者が家で仕事をするため自宅PCにデータを入れ、Winnyで漏洩したり、家に空き巣が入って盗まれたり、等々があります。これだけ世間でWinnyによる個人情報漏洩が問題になっているにもかかわらず、訓告処分というのは少し甘すぎるのではないでしょうか。解雇までいかなくても、もう少し重い処分をすべきでしょう。ちなみに秋田県湯沢市長のお詫び文が同市HPに掲載されていますが、具体的に職員に何を徹底するのか(教育を行う、持ち出し禁止の措置)、いまいち不明です。
[PR]
by prorata | 2005-04-16 22:17 | 個人情報保護