仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:仕事( 66 )

情報漏洩

陸上自衛隊の内部資料や顔写真付き社員住所録などがインターネットに流出、パソコンのファイル交換ソフト「Winny」で閲覧できる状態になってたとの報道がありました。詳しくはこちら。
http://www.mainichi-msn.co.jp/it/coverstory/news/20040430org00m300102000c.html

この報道から連想すると、ある会社員が自宅のPCに「Winny」をインストールしていたら、例えば年賀状を送付するために保存した住所録、会社で終わらない仕事を持ち帰って家のPCにインストールしていたら・・・と思うとぞっとします。かといって、家では仕事をしないというのも、極端であると思います。

本人のモラル(=教育)、技術的回避、処罰の3点を同じに考えないとこうした問題は解決していかないのでしょう。
企業法務として、教育をどう進めていくか、ということも重要ですが、その前に技術的なことが分かっていないと教育にはならないと思います。
[PR]
by prorata | 2004-05-04 15:30 | 仕事

閣僚の国民年金未納問題

ここ最近、閣僚の国民年金保険料未納問題が話題となっています。江角マキコのときには、あれだけ騒いでいた閣僚まで国民年金保険料を支払っていなかったとはびっくりです。

すでにご承知と思いますが、国民年金には
第1号被保険者:(20歳以上60歳未満の日本国民のうち第2号被保険者、第3号被保険者以外の者)
第2号被保険者:サラリーマン、OL
第3号被保険者:第2号被保険者が扶養する配偶者
と3種類の被保険者がいます。これらの間の異動が起きた場合、第1号被保険者、第3号被保険者については本人自ら手続きを行わなければならず、非常に面倒であります。

今回インターネットで探してみただけでも、次のHPのように国民年金に関する各種手続きをまとめたものがあります(代表的なもの)。
http://www2.opas.gr.jp/ibaraki/info_files/ibkoho/18/g1872.htm
http://www.town-ogori.jp/yakudati/yakudati1.htm

国民年金保険料の未納も大事ですが、手続きを簡素にしないと大変なことになります。企業法務においても、社内手続きを規定する際面倒な手続を省略できるように心がけていきたいものです。
[PR]
by prorata | 2004-05-02 02:16 | 仕事

江角マキコの国民年金保険料未納問題

すでに議論が尽くされている感のある江角マキコの国民年金保険料の未納問題について、企業法務の観点から述べさせていただきます。

今回の問題として次があると思います。
①社会保険庁は、なぜ江角マキコをCMで起用する際、本人の滞納の有無を確認しなかったのか。
②なぜ江角マキコは、税理士にまかせっきりであったのか。
③なぜ税理士は、江角マキコの滞納の有無について社会保険事務所等へ確認をしなかったのか。

このうち②については本人の問題であります。一方①は当事者として最低限行わなければならないことであります。企業においても、これまで取引のない企業と取引を行う場合は、信用調査を行うのが当たり前です。そうでないと、諸事情により取引が途中で終わることがあります。社会保険庁は、役人だからこういった常識が通じないといわれても仕方がないでしょう。
なお、国民年金と厚生年金保険の違いとして厚生年金保険には「保険」があり、国民年金には「保険」がありません。これは、厚生年金保険の場合、被保険者に起こる老齢、障害、死亡に対し保険給付を行いますが、国民年金の場合、保険料を払わない人にも老齢、障害、死亡に対して給付を行うため、保険という文字がありません。

③については、専門家として当然行うべきである行政官庁(今回のケースでは社会保険事務所)への確認を行っていないことがそもそも問題であります。

企業法務の観点から、デスクワークだけでなく、現場をみて判断しないと痛い目に遭うということを実感します。「当事者がこう言ったから」なんていうことをまともに信じてはいけませんね。社内の相談でも一方の言い分だけでなく、事実関係をよく把握しないと思い込みをしがちです。
[PR]
by prorata | 2004-04-11 01:30 | 仕事

企業法務と英語

仕事上英語を使用することが多いです。企業法務のご経験をお持ちの方でしたらお分かりでしょうが、英文契約書のチェック、作成の機会が多くなりました。

以前でしたらIBDの標準契約書集を元に作ればよかったのですが、最近では社内の依頼部門の要求が多く、どうしてもカスタマイズが増えます。また、英語の素養がないとダメですので最近では仕事とは別に英語の勉強をしています。

メールで海外企業(特に米国)と交渉を行っていますが、やはりつたない英語では限界を感じます。

地道に英語を磨かなければ、と思う今日この頃です。
[PR]
by prorata | 2004-04-05 22:06 | 仕事

今日ウィルスにやられました

今日、会社のノートPCがウィルスにやられました。
社内の方からメールが届き、件名を見ると「Q&A」とありました。思わず「株主総会Q&Aが届いた」と思い込み(ここまでくると職業病です)、添付ファイルが圧縮されているので「データが重いのかな」と感じつつ、解凍したら、大変なことになりました。

今日の夕方は、ウィルス感染により仕事になりませんでした。同じ職場では60歳近くの役員が感染しただけ。自分のPCリテラシーのなさにあきれました。
今回のウィルスにより、PCに入っているメールアドレスも流出したとのこと。ここでも個人情報保護でした。
[PR]
by prorata | 2004-03-30 00:40 | 仕事

中国企業との契約

現在、中国企業との合弁会社設立検討のための覚書を検討しています。

以前、別の中国企業との合弁契約を検討し、実際に合弁会社を立ち上げましたが、結局撤退することとなりました。その当時のお互いの意図が互いに見えていなかったかも知れません。

今度は、事前にリスクを的確に把握するよう、フィージビリティスタディを徹底的に行うようにしたいと思います。

それにしても、これからの企業法務には英語+中国語が必須であることを痛感します。
[PR]
by prorata | 2004-03-21 04:21 | 仕事