仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:仕事( 66 )

映画「88ミニッツ」を観ました

プライベートで米国旅行の帰りの飛行機で「88ミニッツ」を観ました。最初は、企業法務に大して関係ないだろうと思い、時間つぶしのつもりで観ていたら・・・、最後まで観てしまいました。最後の展開、映画終了の15分前ぐらいにうすうす気がついていたような気がします。
昨今の映画で弁護士が悪事を働く展開ものが目に付くように思います。これ以上申し上げると、映画のストーリーをすべて話すことになりますが・・・。
[PR]
by prorata | 2008-08-22 04:06 | 仕事

今日一日の仕事 2008年7月1日

午前
 電話相談2件。いずれも15分程度
 派遣社員へ事務作業を指示
 伝票承認
 雑務

午後

新しい上司へ社内をご案内
 7月1日付で異動になった上司に社内を案内。上級マネージャーもおらず、急きょ私が対応。建物内の主要施設をご案内。

研究部門からのソフトウェア使用許諾契約依頼
 日本語版、英語版の両方を作成するよう依頼あり。主任クラスに任せようと思ったが後述のこともあり、結局は自分が作成することになりそう。

取引基本契約対応
 社内公募で異動になった者が確認。異動後3ヶ月が経過し、一通りできているがツメがまだ甘い。本人自身できると思っているところが、さらに甘い。

海外子会社から依頼のあった業務委託契約の確認
 主任クラスに対応させたが、経験不足もあり検討結果はいまいち。本人は、法務経験○年(四捨五入すると10年)で法務業務を一通り経験しているというが、転職というレベルからはかけ離れている。この確認で終電での帰宅となる。
[PR]
by prorata | 2008-07-02 03:20 | 仕事

今日一日の仕事 2008年6月17日

午前
 英文契約チェック。日本語の取引基本契約を英語にしているだけあって、不自然な箇所が一杯。

 取締役会の資料チェック。今回は関係部門を突っつくほどでもなかった。

 駐車場賃貸借契約のチェック。4月に配属になった担当者にやらせてみたが、チェックの観点がずれている。

午後
 前日に会社の代表電話にかかってきた依頼への対応。某国某団体ご一行様の来日にあわせ意見交換をしたいとのこと。法務担当者のやるべきことではないが、広報関係者が誰もおらず、かつ英語での対応となったため、私が対応。社長からも直接呼ばれ、回答案を英語で作成し、社長の確認を受けた上でメールで送付。

 海外の弁護士と電話で15分ほどやり取り。以前は毎日のように電話をかけたが、最近はプロジェクトも落ち着いており、久しぶりの電話だった。

 新規開発案件の関連契約のチェック。
[PR]
by prorata | 2008-06-18 00:32 | 仕事

今日一日の仕事 2008年6月3日

<午前>
中途採用の担当者が入社3ヶ月目で微熱で会社を休むと連絡あり。本人からは入社以来、眠れなかったとのこと。法務はメンタル面でもタフじゃないと勤まらない。

<午後>
部下が確認した契約をチェック。契約の関係ではほとんど修正なし。依頼に基づき確認していた稟議について、事前に関係部門への確認を受けていないものがあり、早急に関係部門へ確認するよう依頼。

<夜>
インサイダー取引防止規程の改正案を確認。この案件は、5年目の担当者に任せていたが、「軽微基準ってなんですか」の一言が出る程度の改正案のずさんさにあきれ返った。とはいっても、管理者としてそうしたレベルの担当者に懇切丁寧に指示しなかった責任はある。それにしても、改正後の金融商品取引法をまじまじと読むのは初めて。顧問弁護士にインサイダー取引防止規程の関係で質問をしたところ、「そうした専門的な法律は扱わない」と言われてしまう。昨日のドラマCHANGEではないが、この手の話題についていけるのは、40代まで?
[PR]
by prorata | 2008-06-04 02:08 | 仕事

ソフトウェア不正使用の違約金

客先と締結するパッケージソフトの使用許諾契約に、適正にソフトウェアが使用許諾されているか、当社が監査できる規定を設けています。監査を通じて不正が発覚した場合の違約金が不正分+月2%と設定しています。
先日、ある客先から、この違約金が暴利ではないか、との指摘を受けました。
ソフトウェアの不正使用に対する違約金を2倍とすることが公序良俗違反か争われたケースで、適正に使用することを前提に契約を締結した場合、これに違反した場合、2倍の違約金を支払う旨の規定は公序良俗に反しないとの判断がでていることから、当社の設定は問題ないことを客先に説明しました。
[PR]
by prorata | 2008-05-17 12:22 | 仕事

秘密保持契約と機密保持契約の違い

業務の関係で、秘密保持契約と機密保持契約の違いは何かについて調べたことがあります。インターネットで検索すると、一定の手がかりが得られます。
まず機密を国語辞典で引くと

『《枢機に関する秘密の意》政治・軍事上、きわめて重要な事柄についての秘密。』

と出ました。そこで「枢機」とを何か、国語辞典で引くと

『《「枢」は戸の枢(くるる)、「機」は石弓の引き金》
1 物事の最も大切なところ。かなめ。要所。「組織の―」
2 重要な政務。「国政の―に参画する」
3 ある方面との有力なつながり。縁故。てづる。』

と出ました。次に「秘密」を国語辞典で引くと

1 他人に知られないようにすること。隠して人に見せたり教えたりしないこと。また、そのようなさまやそのような事柄。「―をもらす」「―にする」
・ 「云わば―な悪事でも唆(そその)かすように」〈谷崎・魔術師〉
2 一般に知られていないこと。また、公開されていないこと。「古代史の―」
3 人に知らせない奥の手。秘訣(ひけつ)。「成功の―」
4 仏語。
深遠・微妙で容易に知りがたい奥義。
ある隠された意味をもって説くこと。密教で大日如来の説法などをいう。
真言宗の教義。密教。

と出ます。ここまで調べて、秘密保持契約のほうがより適切でないか、と判断します。
企業法務担当者が公開しているブログの中には、辞典にあたることもなく個人的見解を述べているのも散見されます。企業法務担当者すべてがそうだとは思いませんが、最近の若手をみていると上司、先輩に訓練を受けているのか、疑問をつけざるを得ない方々もいます。
[PR]
by prorata | 2008-05-15 01:23 | 仕事

今日一日の仕事 2008年3月3日

午前
 部内会議、グループ内会議
 案件の依頼
  最近、メールを送って「今すぐ見てください」というのが多い。水槽の中でパクパクしてえさを待っている金魚じゃない。
 海外子会社からの英文契約書修正依頼
  日曜日(3月2日)午後にメールで急いで検討してほしいとのこと。あまりにも雑な契約に閉口。結局3割程度追加、修正となった。
  
午後
 客先との和解契約案の修正
  客先から要望により、一部修正。
 稟議案件の相談
  社内決裁手続について相談。社内関係部門との調整が複雑そう。
 海外アライアンス企業トップとの電話
  相手方の携帯電話にかける。結局、1時間の長電話。
 部下の契約書確認 3件
[PR]
by prorata | 2008-03-04 02:08 | 仕事

それでも ボクは やってない

3月1日にフジテレビで放映された映画「それでも ボクは やってない」を録画し、先ほど観終わりました。痴漢事件をとおして日本の刑事裁判制度の問題を指摘する周防監督に感動を覚えました。こんな日本映画をもっと映画館で観たいものです。何でこんな映画をもっと観れないのか、不思議です。
企業法務をやっていると、いろいろな事件、事故に遭遇します。その際、事実は何であるかを短時間で探すのは難しいですが、複数の関係者との議論を通じてその把握に努めています。
警察も一般の市民だけでなく、暴対法関係者のような方々ばかりを相手にすると麻痺するのでしょうか。裁判員制度を導入することで改善できるか、試されているのかもしれません。
[PR]
by prorata | 2008-03-03 02:08 | 仕事

宝印刷に始まり、NHKまで・・・インサイダー取引

宝印刷社員がインサイダー取引問題で証券取引委員会の調査が入ったとの新聞報道でもびっくりしましたが今度は、NHKの職員まで証券取引委員会の調査が入ったというのは、驚きでした。

(1)宝印刷は、全社員の株式売買を禁止していなかったこと。今回、やっと全社員の株式売買を禁止した。そもそも情報の管理体制が十分でなかった。
(2)数年前に東京証券取引所へ確認したところ、上場企業の管理職以上のデータベースをもち、株式売買に不自然な点があれば調査をしていたが、データベースには、報道機関、印刷会社の全社員を対象としたものではなかった。今回、こうした問題が発覚したのは、東京証券取引所または証券会社の登録データベースが充実したことによるのか。

報道機関、印刷会社、官公庁職員は個人として株式の取引を禁止するぐらいのことをしないとまずいかもしれませんね。
[PR]
by prorata | 2008-01-18 01:28 | 仕事

仕事始め

今日(1月7日)は仕事始めでした。
新年早々、トラブルを抱え相談をされる方の多いこと。法務担当者にはよくあることですが、事業部門、スタッフ部門の第一線で働いている方々からの電話相談が多くありました。

私の場合、相談者の質問にきちんと答えようとすると、あれもこれも質問をし、それが20分を過ぎることがよくあります。周りからは、「何であんなに長電話なんだろう」「まるで高校生の女の子みたい」と思われているかもしれません。

2、3年前とは違い、瞬時に判断して答えを出そうとしていません。事実関係はどうであるか、電話でできる範囲で聞き出そうとしています。

年齢を重ねたせいか、スピード感は昔に比べて落ちましたが、法務担当者のあるべき姿を追求しています。
[PR]
by prorata | 2008-01-08 01:40 | 仕事