仕事、プライベート等の紹介


by prorata

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
仕事
個人情報保護
ITと法務
労働法関係
企業倫理
職場環境
HP全般
旅行・グルメ・温泉
スポーツ
未分類

以前の記事

2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月

ご覧いただいた皆様へ

最近企業法務担当者によるブログがいろいろと立ち上がり、うれしく思います。このブログは、作者の怠惰な性格により、たまに更新しないことがありますが、それでも月1回は更新しようと思います。

フォロー中のブログ

いっぽ にほ さんぽ
Kazuho Oku's...

ライフログ


I Have a Dream: Writings and Speeches That Changed the World

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:スポーツ( 29 )

オランダvsウルグアイ

a0009247_0373771.jpg
私は、今年(2010年)2月にスペインを旅行しました。マドリッドに向かう際、経由地であるアムステルダムで一泊し、2月3日にアヤックス・アムスステルダムの試合を観戦しました。元々は、日本の対戦相手であるオランダのチームの試合を観戦したいという軽い気持ちでした。オランダリーグに興味も起きず、どんな選手がいるのか、まったく知りませんでした。上記の写真は、アヤックス・アムステルダムのホームスタジアムでの観戦の際に撮影したものです。

その試合では、アヤックス・アムステルダムのFWルイス・スアレスが4得点を決め、ローダ相手に勝利しました。

「ルイス・スアレスって誰?」

それ以来、ルイス・スアレスの動向を追っています。オランダリーグで得点王になったことも、あのディエゴ・フォルランと2トップを組んでいることも、それから知りました。

ガーナ戦でのハンドには、さすがにしびれました。確かにハンドはいけないことですが、ああいう真剣な姿勢、私もいつしか忘れていました。

この深夜、オランダとウルグアイの準決勝です。
両チームとも頑張ってほしいです。
[PR]
by prorata | 2010-07-07 00:49 | スポーツ

アスレチック・ビルバオ

ここ10年以上の間、いつかはスペインのビルバオでサッカーの試合を観戦したいと思っていました。スペイン・バスク地方の選手のみで構成されるアスレチック・ビルバオは、最近、スペインリーグでの優勝から遠ざかっていますが、地元のファンに愛されているチームです。

下の写真は、今年(2010年)2月にスペインのビルバオでサッカーの試合を観戦した際に撮った写真です。ブーイングの激しさは浦和レッズの比ではなかったです。4万3千人入るスタジアム全体が揺れる感じです。a0009247_2455032.jpgシュレスという最下位チームとの試合は、3-2で勝つことができました。対戦相手が最下位チームであるにもかかわらず、スタジアムはほぼ満員です。試合前日の昼間にスタジアムにあったチケット売り場で直接購入しました。アスレチック・ビルバオのオフィシャルサイトにあるメールアドレス宛にチケットの購入方法を尋ねたところ、「レアルマドリッド、バルセロナ、サンタンデール以外の試合はその日でも購入できる」とのことでしたが、なぜか混んでいました。

ビルバオは、料理もおいしく、グッゲンハイム美術館ではいろいろな展示物を堪能することができました。
[PR]
by prorata | 2010-05-12 02:52 | スポーツ

古沢 優のオフィシャルブログ

3月28日のセレッソ大阪vs浦和レッズ戦、何とか2-3で浦和レッズが勝利!
それにしても浦和レッズの厳しい戦いは続きます。今はエジミウソンの個人技頼りですが、エジミウソンが点を取らないと「エジ叩き」が始まりそうです。頑張れ、エジ!

ところで、熱い浦和レッズファンの古沢優さんがブログを始められたようです。

http://pure-city.jp/full-you/

まだ件数は少ないですが、要注目です。
それにしても、山田暢久のほっぺたは特徴をつかんでいます。
[PR]
by prorata | 2010-03-28 06:32 | スポーツ

三沢光晴が突然・・・

プロレスラー・三沢光晴選手の件、ニュースを聞いた瞬間「エッ」という言葉が出ました。ジャンボ鶴田の時も「エッ」という言葉が出ました。彼が繰り出すエルボーに何度こぶしを突き上げたことか。また、何度も元気をもらったことか。独身時代は、休日の深夜にプロレスをTVで観戦していました。
三沢選手、ありがとう。
[PR]
by prorata | 2009-06-17 01:39 | スポーツ

マンU欧州制覇!!!

マンチェスターユナイテッドが9年ぶりにチャンピオンリーグを制しました。バイエルン・ミュンヘンのシュートがバーをたたいた後、ロスタイムの奇跡の逆転を生んだ9年前と同じように、なぜチェルシーのテリーがPKで滑ったのか、不思議でなりませんでした。9年前と同じようにトヨタカップで観戦するのが今から楽しみです。
その時、C.ロナウドがマンUの選手であればよいのですが・・・。
[PR]
by prorata | 2008-05-23 00:45 | スポーツ

浦和レッズVSガンバ大阪

5月17日、今シーズン初めて浦和レッズの試合を観に行きました。相手は、ガンバ大阪。久しぶりに楽しみにしていました。試合には負けましたが、後味の悪さが残る試合でした。

試合開始前に、ガンバ大阪、浦和レッズの席の間でペットボトルの投げあいが見られ、気にはなっていました。試合終了後には、応援旗の棒らしきものが相互に投げられ、非常に気になっていました。

主催者である浦和レッズは、試合開始前に水風船が投げられた(3歳の女の子に当たった)時点で、水風船を投げた当事者を退去させるぐらいの対応をしなかったのか、疑問です。例えば、オーロラビジョンで警告をするとか、頭を使えばできたはずです。一方で、アウェーで勝利したからといって「ウ○コレッズ」との掛け声をするガンバ大阪の応援団はいったい何者でしょう。

私はバックアッパーの席にいました。10メートルぐらい左にガンバ大阪の家族の姿が見られました。赤ちゃんも一緒になってガンバ大阪を応援していました。ほのぼのとした空間でした。

もっと落ち着いて試合を観たいものです。
[PR]
by prorata | 2008-05-18 23:16 | スポーツ

今シーズン初めて

埼玉スタジアムに行きました。知り合いに浦和レッズのシーズンチケットを持っている方からお誘いを受け、4月15日に京都パープルサンガ戦を観戦しました。席は1F席アウェー側の席の近くですが、コーナーの間近でワシントン、ポンテ、長谷部、坪井など、選手の顔がよく見えました。試合は前半のレッズはボロボロでしたが、後半はアレックスの切れ切れの動きから3点を取り、レッズが快勝しました。後半、岡野が途中出場してから会場が盛り上がったのはびっくりです。
[PR]
by prorata | 2006-04-17 21:55 | スポーツ

やはり闘莉王のヘッド炸裂

日曜日に行われたJリーグ、浦和レッズ対アビスパ福岡の試合、テレビで観戦できませんでしたが、J’Goalで結果をチェックしていました。試合速報中には、一緒に楽しんでいるサポーターからスコアボードに書き込みできるという優れものです(ランダムに抽出されますが)。後半30分過ぎになっても0-0でしたので「闘莉王のヘッド炸裂」と書き込みをしたらこのスコアボードに掲載されました。そしてロスタイム、夢が現実になりました。自分でもびっくりしました。こんなことってあるんですね。
[PR]
by prorata | 2006-04-11 21:36 | スポーツ

なぜ名古屋と引き分ける?

今日の浦和レッズvs名古屋グランパス戦をTVで観戦しました。エスクデロ、相馬、黒部を見ることができたのはうれしかったけど、それにしても点が取れないのはなぜ、また今日の主審は誰だと思いました。後半ペナルティエリア内でワシントンが倒され、確かに名古屋DFの腕がワシントンの首を巻いているにもかかわらず、何もありませんでした。レッズは常に一部の審判と戦わなければならず、つらい立場です。首位ではありますが油断禁物です。
[PR]
by prorata | 2006-04-02 21:43 | スポーツ

「うらわがわらう」

あけましておめでとうございます。
新年早々、浦和レッズの25年ぶりとなる天皇杯優勝のニュースは私にとってうれしいの一言に尽きます。正月から「うらわがわらう」となりました。天皇杯で優勝できたのも、マリッチのおかげです。加入当時正直言ってあまり期待していなかったマリッチがこんなに活躍するとは思ってもみませんでした。1月2日に日本を出発したとのこと。次のチームでの活躍を心よりお祈り申し上げます。「ありがとう、マリッチ」
マリッチがW杯日本戦に出場したらどうしよう。彼は、この5ヶ月間で入手した日本サッカーの情報は、クロアチア代表チームにとってのどから手が出るほどほしい情報ではないでしょうか。そういう意味では、サッカー日本代表チームはクロアチア戦をなめてはいけません。
クロアチアがらみでいうと、TV朝日のやべっちFCで紹介されていた、クロアチアサッカーをよく知る方のブログを発見しました。
クロアチアサッカーニュース
分かりやすいブログでした。すぐにお気に入りに登録しました。
話は変わりますが昨年の大晦日のPRIDEのリングは、ジャンルは違えどすでにW杯前哨戦でしたね。
ブラジル:シウバ、アローナ
クロアチア:ミルコ・クロコップ
オーストラリア:マーク・ハント
今年のW杯、やはりTV観戦になりそうです。
[PR]
by prorata | 2006-01-03 04:32 | スポーツ